7月16日。
毎年恒例の那古野神社例大祭の神輿が
弊社前を通過しました。

IMG_2610

IMG_2611

IMG_2612

 

(三蔵通本町前にて
ふんどし姿で神輿を担ぐ人々)

警察の厳重な警備のもと
神輿が無事通過していきました。

この神輿。
那古野神社(名古屋城外堀南)から
本町通を南に、若宮神社(若宮大通)へ。
そして、若宮神社から那古野神社へと
往復するルート。

弊社は営業中なので、
ふんどし姿での参加は出来ませんでしたが(汗)、
神輿の戻りのお宿(休憩所)としてドリンク等をご用意。
神輿を担ぐ皆様のサポートをさせていただきました。

那古野神社例大祭(天王祭)

地元の人間ながらあまり知らなかったので
改めて調べてみました。

>江戸時代のころ、東照宮祭、若宮祭と共に
名古屋三大祭に数えられた歴史ある祭り。
名古屋城下を代表する祭りでした。

>最盛期には、車楽(だんじり)2台と、
見舞車(みまいぐるま)10数台が曳かれる
盛大なお祭りだった。
しかし、第二次世界大戦の空襲により
社殿および山車のほとんどが消失。
現在は、7月15日の宵祭のときに
車楽(だんじり)1台が境内に飾られ、
7月16日の本祭には神輿の渡御が行われる。

>那古野神社は、911年に創建。
尾張国那古野荘に創建されたのが起こりで
1000年以上の歴史を誇っている。

(Tabi2ikitai.comより引用)

なるほど。
歴史を感じます。

ちなみに本町通は、江戸時代のころは
名古屋城下のメインストリートだったので、
当時はこのお祭りも大勢の人でごった返し、
にぎやかだったことでしょう。

 

 


* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *

安心、丁寧、お値打ち
名古屋でジュエリーリフォーム
指輪、宝石リメイクなら
創業1886年 蝶のマークの
宝石貴金属池田商店まで

ご相談、お見積もりは無料です。
※ご予約優先
  
《住所》名古屋市中区栄2-5-13
《電話番号》052-221-7411  
《営業時間》10:00~18:00
《定休日》火曜日

* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *